「好き」を「お金」に変える心理学

1.あなたの人生の幸せにはどのくらいお金が必要ですか?

この本はたまたまコンビニの書籍コーナーに並んでいて、面白そうだったのでジャケ買いして読み始めた本です。もともと、メンタリストのDaiGoさんの事も注目していた時期でもあったので、引き寄せられたのかもしれませんね。もしかしたら日本で一番、本を読んでいるんじゃないかと思うぐらい、読書欲が強く、知識が豊富な方ですし、とてもわかりやすくて、読みやすかったので非常にオススメです。以下で少しだけ触れていきます。

 

・「稼ぐ」だけでは幸せになれない

あなたは今、「お金」の悩みを抱えていますか?

もっと自由に使える「お金」があったらいいのに・・と思うことがありますか?

では、いくらあったら十分だと感じるでしょうか?

少し考えてみてください。

 

あなたは自由に使えるお金がいくらあったら、十分だと感じるでしょうか?

100万円、1000万円、1億円、10億円、あるいはそれ以上でしょうか。

この本でまず書かれているのは「お金」と「幸せ」のバランスが大切という事です。

 

・あなたの「お金」と「幸せ」のバランスは整っていますか?

 

幸せになるためにより大切なのは「使い方」

 

本の著者のDaiGoさんは一回メンタリストからの引退宣言をし、テレビ出演を断り、月収3万円まで落ちたそうです。

その代わり、とてもたくさんの時間ができ、自分の好きな事を見つめ直しました。彼は衣食住に困らず暮らせて、本を好きなだけ読めればいいと思ったそうです。

それが彼にとってのちょうどいい器です。

自分の知識欲に沿って好きなだけ本が買えること。誰にも邪魔されず、気分良く集中して本が読める環境を整えること。

買った本を読む為の時間を捻出する自由を手に入れること。彼はこの三つのことにお金を使うことで、幸せになれる。

そして、それが実現できるだけ稼げば、幸せな状態を維持できる。

お金について考えることは、自分自身を掘り下げ、幸せにつながる道をつながる道を探りだす行程でもあるのです。

「自分は何をやりたかったのか」「どんなことが好きなのか」を見つめ直しましょう。

・自分が幸せな状態を維持できるちょうどいい器を知る事が大事である

 

日本人のほとんどは「お金」の使い方を知らない

 

・高収入(年収800万円)でも家計が破綻してしまう理由とその対処法にも触れてくれています。

(国税庁の平成27年分民間給与実態統計調査の平均給与は420万円

 

お金の使い方には消費と投資がある。

 

Q.一時間で使い切る条件で一万円をもらったら何に使いますか?

 

・お金の悩みから自由になれる人は、

使ったお金が増えて返ってくる使い方(投資)をしているという事です。

 

正しいお金の使い方に欠かせない「選択と集中」とは?

・過去のあなたの経験からこれまで没頭した趣味やスポーツ、仕事を思い出して見てください。

・自分の好きなこと、得意なこと、心から欲していることには惜しまずお金を使うことが大切です。

 

 

選択と集中で「好きなこと」には惜しまずお金を使おう

 

貯金によって自信がつく!?

日本人は最も貯金が好きな国民だといわれているみたいです。

しかし、貯金ではなく、手に入れた資産を本当の意味で自分のものにするには、自己投資を行うことです。

貯めるべきは、お金よりも努力

特に20代、30代は貯金よりも経験、勉強に投資しましょう。

 

お金を生む無限ループ

「お金」→「好きなこと(得意なこと)」→「仕事」→「お金」

という風に好きなことにお金を再投資する事で、スキルが磨かれます。

なので、次はもっと大きくお金が入ってくるようになります。

身につけたスキルは決して減らない資産になります。

一流になるには好きなことに再投資し続けられるかどうかにかかっている。

プロのスポーツ選手も遊びを覚えてしまった若手はなかなか伸びません。

自由とは、自分のルールに従って行動すること。すなわち自律を意味する」

(マイケル・サンダル教授の言葉)

お金を貯めこむためではなく、自由に生きるために稼ぎ、使うという事が大事です。

フロー体験の8つの構成要素

フローとは・・心理学者のミハイ・チクセントミハイが提唱した概念で、ある物事に取り組んでいるときに、完全にそのことにのめり込み、集中している状態のことをいいます。

  • 「明確な目的」

 

  • 「集中」

 

  • 「自意識の低下」

 

  • 「時間の歪み」

 

  • 「レスポンスの速さ」

 

  • 「適切な難易度」

 

  • 「自分で状況をコントロールしている感覚」

 

  • 「活動自体に価値を見出すことができる」

 

  • (「他者に妨害されない環境」)

~補足~

・それほど好きではないことでも、努力の積み重ねで「好きに変わる」のでフローに入れます。

・少しでも興味を持てる作業があるのなら、まずはそれに打ち込んでみましょう。

ギブ&ギブ 人を助けると大きなお返しがある

・「返報性の法則」を上手く使おう

・プレゼントは「先手必勝」「さりげなく」がポイント

・飴や栄養ドリンクといった相手が気軽に受け取れるプレゼントで味方を増やす。

スキルを磨く再投資

・物より経験を買う

・価格<価値のあるものにつかう

・お金を使ったら。リターンを得る方法を考え抜く

※お店で値札を見る前に、「自分だったらこれをいくらで買うか」を、いつも考えましょう。

自分より他人に使う

・人はお金が稼げるようになったとき、次に幸せになることを求める。

・具体的に「誰に」「どんなもの」を与えればいいか。

 

「手間を減らし、時間を買うために使う」

・根底にあるのは「時間を大切にする」という考え方

・自分の使える時間のうち、20%を「得意な事、好きな事」に投じるように心掛ける。

・「しなくてもいいこと」「やらないといけないが、やりたくはないこと」「やりたいこと」の三つに分ける。

まとめ

この本は本当に素晴らしい本で、これからの時代の生き方にまさに適している内容になっていると思います。

もっと詳しい内容が知りたい方はカフェ会でも伝えていきますので、是非ご参加ください。

子どもたちもシェアしてほしいと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

家族を幸せにしつつ、稼いでいく力を身につけていくために日々活動しています。 「お金」は夢をかなえる為の手段でしかありません。 「人生」を変えたいと思っている方へ日々発信しております。 「営業」「知識をキャッシュ」を変換するビジネスを軸に神戸で活動するビジネスサポートマン。