『神竜の研究』がバズってYahooニュースになっている件について

こんばんわ!シマケンです。

今日は島田紳助さんが久しぶりりにYahooニュースに載っていた件について明記していこうと思います。

発端はあるブロガーさんが島田紳助さんが11年前に行ったNSCでの神授業の件について、

ブログでおススメしていたのでです。

そしてそのブログをTwitterでシェアしたツイートが色んな方にリツイートされてバズったのです。

Twitterでも一時「島田紳助」がトレンド入りする騒ぎとなりました。

ビジネス界では島田紳助さんのNSCでの授業は『神授業』と呼ばれ、それを見て学ぶことで起業センスが養われるといわれております。(次世代起業家の加藤将太さんも音声にして聴き続けることを推奨されています。)

元々はDVDの『紳竜の研究』に収録されている講義で、数年前からYoutube上にアップされており、

お笑いファンには有名な授業です。

 

「NSCの授業でも明かしていましたけど、紳助さんはデビューする前から、〝売れるために何をすればいいか”と

先輩漫才師のネタを書き起こして“間”を勉強していました。彼は最速で売れるための戦略を練っていたのです」

(構成作家)

僕も一番多感な時期(18歳頃)にダウンタウン(特に松本人志)の事が大好きで、松本人志が

島田紳助の事を尊敬しているので、その影響で島田紳助の事を好きになりました。

YouTubeで『松紳』の映像もほとんど見て、トークを楽しんだり、松本人志関係の本はほとんど買って、『松紳』の本も持っています。

松本人志も天才だと思いますが、島田紳助も天才だと思います。

起業家に必要な戦略の立て方

今までの僕の人生において失敗してた出来事を振り返ると、きっちりとした戦略をたてずに、ただ闇雲に行動していただけでした。

起業家だけでなく、サラリーマンや学生においても成功する為には「戦略」は必要不可欠なんです。

島田紳助さんの場合はお笑いで成功する為にまず『笑いの教科書』を作るという戦略をたてました。

漫才っていうのは教科書がないので、自分が成功する為に徹底的に売れている漫才師の間やリズムを研究して教科書を作りました。

彼はコンビを組む前に一人でずっと勉強していた時期があったそうです。

戦略と戦術の違い・・

よく「戦略」「戦術」という言葉を聞くと思いますが、これらの違いはおわかりでしょうか??

僕も少し前まではこの違いをうまく説明できませんでした。

戦略や戦術という言葉は元々、軍事用語で使われており、ビジネスの世界で使用されるようになってそこまで年数はたっていないようです。

最初に使い始めたのはピーター・ドラッカーだそうです。

当時は、ビジネスの世界で使うべきででないと周辺から

アドバイスされていたと言われています。

戦略とは・・最も優位性のある状況を維持獲得するために行使される、

リーダーシップの技能を通じて考案される計画である。

 

戦術とは・・戦略の一部として採用される工夫や方策である。

 

この定義でだけではわかりにくいと思いますので、「戦略」をまず分かりやすく

説明しましょう。

戦略は、文字通り「戦(いうさ)」を「略す」と書きます。

 

無駄な戦いを省略して最短でゴール地点まで到達する事ができるのが

「戦略」です。

 

PDCAサイクルという言葉のPlan(計画)も戦略に近いですよね。

氣志團の綾小路翔による戦略

 

音楽界からも「戦略」を学びましょう。

ロックバンドで長年、音楽業界を盛り上げている氣志團というバンドは

ご存知でしょうか?

團長の綾小路翔は音楽業界では天才と評価されていて、

業界人のファンが多いそうです。

彼の戦略は自分が一位を取れる方法で勝負したことです。

綾小路翔がバンドを始めたときはバンドブームで、周りが音楽をしている人が

特に多かったそうです。

自分よりカッコいい人やギターがうまい人はいくらでもいるのが

わかってしまった彼はどうやって一番を目指したのか。

それは「学ラン」と「リーゼント」です。

木更津出身で学生時代から改造学ランコレクターでリーゼントをしていた

綾小路翔はこれなら一番をとれると確信し、今の学ランにリーゼントという

キャラクターを確立されたそうです。

確かに誰もがしていないことを始めるのはブルーオーシャン戦略の一つだし、

『不良』と『音楽』を掛け合わせるというのもまさにワンアンドオンリーだなと

感じました。

やはり全てにおいてまず戦略をたてるというのは大事だという事がわかりますよね。

正しい戦略を立てるための思考

 

では、どうやって正しい戦略を立てればいいのか。

一般的なサラリーマンはほとんどの方が戦略を立てるのが上手くありません。

それは小さい時から言われた事だけを実行してきたという習慣と、

自ら考えて計画を立てるという習慣が少なかったからです。

思考を取り入れる

正しい戦略を立てるためには成功者の思考を取り入れることです。

『紳竜の研究』やジェームス・スキナーの『でっかい会社を作る9ステップ』

が成功の思考を取り入れるためのおススメ音声です。

思考を取り入れるのは音声を聴くだけでできるので通勤時間や空いている時間を

活用してリスクなく起業やあなたの目標を成功させましょう。

 

 

子どもたちもシェアしてほしいと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

家族を幸せにしつつ、稼いでいく力を身につけていくために日々活動しています。 「お金」は夢をかなえる為の手段でしかありません。 「人生」を変えたいと思っている方へ日々発信しております。 「営業」「知識をキャッシュ」を変換するビジネスを軸に神戸で活動するビジネスサポートマン。